2013年06月24日

アルティメットマシンガン

そういえばひっそりとハローサンタが出ましたが、なかなか異彩を放ってますよね。

ハズレ連続天井を目指してイライラするゲーム性は健在です。

ゲーム数解除やモード等もありますが、基本はハズレ20連という無理ゲー感がむしろ良い感じ。

イメージ的にはもう普通の台のリプ4連の方がいけそうな気がしますよね。

演出も液晶があるとはいえファミコンレベルの割り切った作りで、逆に斬新です。

ART中は後向きにひたすら雪山を後向きに滑り続けるだけで確実に酔いますし、継続時や7を狙うときのサンタの声もなかなか味があります。

しかもこの時期にサンタ・・・いろいろとハイセンスです。

そして液晶が全体的にショボイとはいっても、通常時はこのゲーム性としてはほぼ完成系な気もします。

これ以上液晶作りこんでも意味ない気がするし。

ART中も上乗せが軽く感じられ、不満としてはART中の演出がもっと楽しければいいのに、と思うくらい。

ハローサンタを知らない世代には打ってもらえなさそうなのが残念ですね。

ただ、知ってる僕でも二回打ちたいとは思いませんけど。

流行りのパチスロにはない不思議な魅力はあると思うのですが・・・。


にほんブログ村 スロットブログへ
posted by 幸せになりたい管理人 at 08:01 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月20日

OPT搭載シリーズ

シンデレラブレイドの後継機、スナイパイ。

おしりペンペン搭載で貧乳推し、敵は巨乳とか良い意味で頭おかしいですよね。

ネットといえば個人的にはスーパーブラックジャック、ハーレムエースですが、おしりペンペン路線はかなり良いと思っています。

今回は高純増になって一叩きの価値も上がっています(その分最低保証がショボイですが)。

周期中の小役の引きに全てがかかっていたゲーム性はあえてチャンスゾーン中に絞り、新たにコンボシステムを搭載したことで弱い小役でも連続すればチャンスになっています。

特にAT中はベル5連でおしりペンペンに一歩近付けるため、かなり重要。

ですが。

結局はチャンスゾーン当選もチャンスゾーン中もおしりペンペンへの道程もレア小役一撃の重みが大きく、リプレイとベルのコンボはだいたい意味ないです。

そのくせ途切れるとイライラするし、レア小役もコンボ対象のため、一回だと微妙とか、全ての場面でいろいろと引きを絶え間なく要求されて疲れます。

バトル中もレア小役でもかわされるし、ラストチャンスでのレア小役は距離縮めてくれたっていいだろとかストレスに耐え続ける心を鍛えるための修行台という印象でした。

シンデレラではオーバーしたレベル持ち越しでしたが、それが無い(多少なにかしらあったとしても感じられない)など、いろんなシーンで無駄引き感にイラっとさせられます。

ショートフリーズはかっこいいのに出玉仕様的に上手く盛り上がりにくいのもまた残念。

全体的な雰囲気は良いし、おしりペンペンが連続すればとても楽しいんですけどね。
にほんブログ村 スロットブログへ
posted by 幸せになりたい管理人 at 08:18 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月18日

がっかり・・・

さて、待ちに待った空の軌跡が導入されました。

ファルコムで良いところってシナリオだったり音楽だったりグラフィックだったり。

思い出補正もあるでしょうけど、どれをとってもゲームとして時代の最先端を行っていた気がします。

ゲームをやっていて、「冒険」という言葉を強く実感させてくれたのはファルコムのゲームたちでした。

イース、ソーサリアン、風の伝説ザナドゥ、英雄伝説・・。

そして空の軌跡・・・は実はやったことないですごめんなさい。でも、まあ面白いに決まってるという確信はあります。

とにかく期待していたパチスロ空の奇跡ですが、一言でいうとひどい。というか超ひどい。

スペックもまあなんだかぼんやりしていますし、初当たりの遠さに対して自力解除ゾーンを入れるとかいう遊ばせる配慮が感じられず、連続演出の期待度の低さにもイライラします。

ヴァレリア湖畔もなんかスッと終わって肩すかし感がすごいし、英雄ラッシュはショボイし、低純増ART33ゲームで12枚役がメインとか何も考えてないし、やっつけ仕事もいいところだし。

救いとなるはずの演出もとてもヒドイ。

会話演出のキャラ絵とBIG中の絵は良いですけど、他の演出ふざけてんですかね。

押し順ベルのエステルとか誰がどう見ても完全に作画崩壊してますよね。

何ならパネルだって雰囲気が悪いわけですよ。オリジナルテイストもいいけど、原作への配慮とかあるじゃないですか。

稼働的に短命になることは目に見えてますが、それは絶対に版権のせいではないです。

このクオリティならファルコムに手を出してもらわない方が正直良かったですけど、ファルコムシリーズで次回があるなら、ちゃんと力を入れて白き魔女からやり直してくれることを期待します。
にほんブログ村 スロットブログへ
posted by 幸せになりたい管理人 at 08:20 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月16日

パチンコとパチスロの北斗について考える

パチンコでもパチスロでもキラーコンテンツとなっている北斗の拳ですが、やっぱり最強のタイアップでしたよね。

一昔前の漫画がパチスロでの大ヒットをきっかけに見直され、ここまで人気を引っ張ってくるというのは、凄いことです。

もともと漫画自体が持っていた力もありますが、初代パチスロ北斗がなければここまで北斗の拳が再浮上することはなかったと思います。

そしてパチンコもパチスロも大ヒットという、パチンコ、パチスロと原作との理想的な関係。

どこかの大ヤマトとはえらい違いですよね。

で、今でこそパチンコもイケイケな感じを醸し出しているサミーですが、2002年のパチンコの初代北斗の拳なんて今考えるとそれはひどいものでした。

サミーのパチンコ自体全てひどかった時代なので、まあ平常運転なレベルだったかもしれませんが、少なくともあのパチンコを打って原作が読みたくなったり、打ち続けたいと思った人なんてかなりレアだったのではないでしょうか。

しかしパチスロでの大ヒットをきっかけに(かどうか知りませんが)サミーは徐々にパチンコでもレベルを上げてシェアを伸ばし、2008年の北斗からは普通にパチンコでもメインを張れるレベルにまで成長しました。

前回アタックNo.1がもはや古くさいと書きましたが、北斗の拳だって十分に原作は古くさいと言えるレベルであるにもかかわらず、これだけ成功しているわけです。

特に初代パチンコなんて古くささの塊と言っても過言ではないようなもので、それを見て「ああ北斗なんてパチンコじゃもうダメなんだな」と思ってもなんら不思議ではなかったはずだと思うのです。

まさかあそこから「北斗の拳」がパチンコ、パチスロ市場をリードするような存在になるなんて誰に想像ができたでしょうか。

原作を生かすも殺すも作り方次第。パチスロが面白くないから原作が良くないなんて結論を出してはいけないということです。だからこそ、パチスロメーカーには知名度やしょうもない戦略だけで版権を選んで、適当にそれっぽい演出を抜いてきたような付け焼刃の台を乱造することはやめて欲しいと思います。

さて、先週の内海賢二さんが、昇天されました。アニメからこれだけ時が流れた北斗の拳、ラオウが今もなお世代を超えて愛されているということは奇跡的ですし、僕の勝手な想像ですが、このような状況の中で最後の時を迎えられたことは、本当に一片の悔いなしというか、幸せなことだったのではないかと思います。

そしてご本人がパチスロやパチンコをどう思っておられたかは僕には全く分かりませんが、そんな幸せを作り出した要素の一つは確実にパチスロの力です。

そんなことから、パチスロには幸せを作り出す力があるのかもしれないと思います。もちろん、不幸にする力も強いですけど。

とりとめもなくなりましたが、内海賢二さんのご冥福をお祈りします。
にほんブログ村 スロットブログへ
posted by 幸せになりたい管理人 at 09:56 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月13日

ボーナス確率躍動という響きは良い

ボーナス確率躍動型と銘打ったアタックNo.1ですが、ボーナスに疑似ボーナスを組み合わせてボーナスを確変させるというのはなかなか面白いですね。

まあ言ったもん勝ちみたいなところではありますけど。

でも実際打ってみると、なんとなく全体的にしっくりこない微妙な感じで、どちらかというとスペックというよりは演出の問題な気はします。

イメージ的にはリンかけやあしたのジョーに通じる何か足りないものが共通しているようないないような。

古い版権が悪いわけではないのですが、全体的に古くささを感じるのは確か。

作る人にとって思い入れの無い昔の原作を持ってきて適当に作るとこんな感じになるということかも。

ショートフリーズでの演出は瞬間的にアツくなるものの、気持ちの盛り上がりをその後の展開で殺しまくるのが嫌でした。

ということで、結局は特に記憶に残るような台ではないという感想です。

ストWとか笑ぅせぇるすまんとか、若干遠めのビッグ+ARTというこの手のスペックは意外と可能性を感じる穴場だと思うんですが・・・。

やっぱり疑似ボーナスじゃないボーナスはパチスロにとっては重要だと思います。それが全てではないけど。

そういう意味で、来週の「空の軌跡」にはかなり期待しています。僕が昔から英雄伝説好きというのもありますけど、ファルコムのゲームはパチンコやパチスロで打ってみたいと思っていましたから、とても楽しみです。

最近のニューギンなら期待を裏切らないでくれるはず。
にほんブログ村 スロットブログへ
posted by 幸せになりたい管理人 at 05:29 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。