2017年02月07日

パチスロ店における不正問題

客が行う不正といえばゴト、店側が行う不正といえば裏ロム、遠隔操作が代表的ですが、店と客がぐるになって行う不正行為が打ち子、サクラ行為です。

パチスロをよく知らない人からすれば座って打ち始めてからが勝負に見えるかもしれませんが、実際には台選びの時点から勝負が始まっていることはスロッターからすると常識です。パチスロで確実に高設定台に座れることが決まっていれば、誰でも簡単に金儲けができます。打つ前から勝ちが決まっているのです。

打ち子やサクラというのは、店が特定の客に高設定台をこっそり教えて打たせることで「出す店」という印象を一般客に見せつけるとともに、勝ち分の利益の一部を還元してもらう営業方法です。

店としては高設定を入れているという宣伝ができ、安上がりに出玉感を演出できてハッピー、打ち子は高設定台が打ててハッピーという、一石二鳥というかよくできた仕組みです。

何が問題かといえば実際には高設定台に座れない一般客が割を食っていることですが、ある意味仕方のないことだと言えます。大した問題ではありません。

今回べラジオで問題になっている件は、設定状況を知る立場にある従業員が私的に打ち子を集めて私腹を肥やしていたというところが悪質だと受け止められているようです。

公開されたLINEが本物かどうかは分からないものの、べラジオ自体も不適切な行為があったことを認めています。

今回の事件で、「やっぱりパチンコやパチスロは不正だらけ」というイメージが広まってしまったのは間違いありませんが、昔よくあった会員ポイントで確変台がもらえるとか高設定台がもらえるというのもある意味サクラみたいなもので、そういうこと自体が不正だなんだと言われることは個人的におかしいと思っているんですけどね。

今回はあくまで一個人が会社に無断で営業秘密を漏らしたことによって会社にも客にも損害を与えたわけですから、問題になるのも当然なわけですけど、個人的には店がサクラを雇うこと自体はそこまで目くじらを立てなくてもいいようなことの気がするんですが、どうでしょうか。イベントと称して芸能人を呼んだりする経費だって客の懐から集めているんだし、そういう店が嫌ならほかの店に行けばいいだけのような気もするんですけど。

ところで、私的だろうとなんだろうと、LINE上であそこまで堂々と証拠を残すようなやりとりをするというのはどういう神経なんでしょうか。不正を隠せばいいということではなく、身の回りを見ても今の人たちってどうしてLINEをあんなに信頼してるんだろうと心配になってしまいます。


にほんブログ村 スロットブログへ
posted by 幸せになりたい管理人 at 23:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | パチスロ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。