2014年02月28日

パチスロの機械割の計算

近日導入予定のパチスロ新台(2014/3/3〜の週)

ンゴロポポス〜ピンチ!捕われの爺〜
 もうハーデスでお腹いっぱいのところだけど、果たして・・・?

パチスロ聖闘士星矢 黄金激闘編
 前作よりは期待できそう。

パチスログラップラー刃牙〜最大トーナメント編〜
 打ったらがっかりしそうではあるけれど、やっぱり気になる。

最近の注目ブログ記事

ジェネラルデビルの凱旋(廃屋廃人物語)
 将軍様、おめでとうございます。

パチスロ関連の話題

換金禁止?遂にパチンコ屋がヤバそうなんだが(パチパチマニアックス)
 まあカジノ絡みでよく出る話。

【文系閲覧注意】機械割について教えて下さい(スロ板-RUSH)
 ネタかと思ったら本気なのか。

気になったニュース

日本へのカジノ投資額、必要ならいくらでも - 東洋経済オンライン(カジノ - Google News)
 「いくらでも」て。でも100億ドル現金払いできるとか凄いな。いっぺん言ってみたい(笑)。

雑記

 上で紹介した機械割の話題について、スロッターには常識かと思っていたのですが勘違いしている人が案外多いんですね。念のため補足。
 パチスロで機械割(出玉率)は『払出枚数/投入枚数』で表されます。あとは分かっている情報からその計算をすればいいだけです。

 いま、ジャグラーEX(設定6なので)、
 @千円あたり36.38回
 ABB(1枚がけ14枚払出で24ゲーム)、RB(1枚がけ14枚払出で8ゲーム)
 BBB:RB=1:1
 Cボーナス確率=1/134.29
 が分かっています(ボーナスは先告知以外はペカる前に揃える前提)。

 まず、BよりBR比率1:1、CよりBR合算の確率分母は134.29なので、計算を簡単にするために1回ずつ当たるとして通常時は(134.29×2)=268.58ゲームとします。
 @より、1ゲームの払出枚数は(3-50/36.28)=1.62183枚となるため、通常時の払出枚数は(268.58×1.62183)=435.5912枚となります。

 次に、BBとRBを1回ずつ消化するわけですが、Aよりボーナス中は(24+8)=32ゲーム、毎ゲーム14枚払出なので、ボーナス中の払出枚数は(32*14)=448枚となります。
 投入枚数は通常時3枚、ボーナス中1枚として、それぞれ(3×268.58)=805.74枚、(1×32)=32枚となります。

 で、最後にまとめて(払出枚数/投入枚数)=(435.5912+448)/(805.74+32)=1.054732となります。だいたいこんなもんですね。



にほんブログ村 スロットブログへ
posted by 幸せになりたい管理人 at 09:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | パチスロ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。